日誌

ボーイスカウト隊の日誌
12345
2020/06/21

令和2年6月隊集会

| by:ボーイスカウト隊リーダ
今年は、雨の当たり年だ。災害が起こらない程度の雨は必要だが、願わくば隊集会の日は晴れて欲しいな・・・・

令和2年6月13日(土)

本格始動の隊集会が始まるぞ、Scout集まれ!
今月のテーマは「Road to the ZOO」でした。どこぞのZOOに行こうかなと思っておりましたが、新型コロナの影響で感染拡大の可能性がある地域への移動は禁止の活動様式のため、県内での活動に変更(ZOOもやっていないし)。
そして、キャンプなどの密を伴うキャンプも禁止のため、日帰り活動になってます。

1日目、まずは集合だ!

唐沢山、北城の予定でしたが、雨のため野外活動センター(調理場)にて開催。

開会式
 
今回は、新入隊員を迎えての初級章取得を目指すプログラム。久々なので、レポートの注意点、ロープの扱い、国旗掲揚のやり方などを実施。
 
 
 
昼食は、雨のためガスコンロにて調理。
今日のメニューは、カレーライス。長期連休中に隊長から出された、テーマの実践です。
 
 
カレースープにならなくてよかった。
 
食後は、明日のハイキングのための基礎知識。
25000分の1の地形図の見方、座標の読み方磁北線について。
シルバコンパスの扱い方。
 

 
コンパスを使ったゲームを、雨が上がった北城にて実施。コンパスが示す「北」を意識しながら角度と進行方向を探し、どちらが先に目的地にたどり着けるか。

閉会式
 
(-ω-;)ウーン、開会式の時のグダグダな国旗掲揚とは違い、ビシッとしたカッコイイ国旗降納でした。
やはり普段からの練習と実践が必要性を感じました。


そして、解散

Scout : 3名
leader : 3名




令和2年6月14日(日)

2日目、今日の集合場所は、東武吉水駅前だ!駅前集合だが、今回は電車は使わない(早く公共交通機関を使って移動させたい)。

今日の活動は、年間テーマ「動物愛護」にもかかわる野生動物見学ツアー(ほんとかよ)。野生動物はコワイゾ・・・
目的地は、旧足尾町の松木渓谷ハイキングです。しかし、天気予報は雨・雨・雨
まずは現地へ移動。手段は指導者の車4台です。BS隊だけでは足りないので、VS隊、RS隊にも手助けをお願いしました。
 
スカウトは、各リーダーの車に分乗し、一路松木渓谷を目指す。
移動ルートは、葛生を抜けて、栃木の星野経由で鹿沼市の粕尾峠を越えて、足尾町に入りました。途中、信号も少なく快適な走行でしたが、粕尾峠は道幅狭く、ヘアピンカーブが多く見通しも厳しい峠でした。

無事に、松木渓谷の入り口、銅親水公園に到着。
 
地図とコンパスを持って(もちろん食料、水筒、雨具等の持ったよ)、いざ出発。
VS隊長も歩く気満々でした(富士山以来と言っていたので大丈夫かな)。

天候は曇り、涼しかった。このまま雨が降らなければいいな・・・。
足をの砂防ダムをから、大きく3つの谷に分かれます。その真ん中の渓谷が、かの「松木渓谷」になります。前回来たときは、10月の雨のハイキング。周辺は冬目前のため、緑はなく枯れすすき等が目立つ荒涼とした雰囲気でしたが、梅雨のこの時期に来ると、緑の多いことに驚かされます。
 
ここからの眺望が、なかなか隊長は好きなのだ。地形図とコンパスで現在地から見える山が何なのか?

答えは「備前楯山」。そう、あの足尾銅山で有名な山だ!そして進むべき方向と地図を見比べて方角をチェック。
  これは備前楯山じゃないよ。
      この写真の真ん中あたりに植樹したよ。
そして、昨年の4月に春の植樹祭で苗木を植えたところがよく見えます。苗木を植えた周辺に、若木が育っているのがよく見えました。隊長、ちょっと嬉しかった。
 
途中、採石場や足尾銅山の遺産(産廃)を横目に見つつ、鹿のフン爆弾をよけながらの進行です。
 
しばらく行くと、広々とした場所に出る。旧松木村跡地だ。植林が進んでいるが、ところどころに、石碑(墓石?)のようなものが見える。今じゃ、鹿の遊び場になっているようです。
 
流石に、渓谷沿いの道には緑は多く、ときどき鹿の鳴き声が響く。そして目の前を横切る(人間が来たので逃げるようです)。
我々は、静かに通り過ぎ、進むと通行止めのバーがおりている。
 
地図で現在地を確認。
 
バーの横を通り抜け、さらに奥に進む。1つ目の砂防ダム。砂防ダムを過ぎると、川底が一気に上がり。先ほどまで眼下に見えていた川面が目の前を流れており、河原が歩けるまでに広い。流れ込む沢を横切り、さらに奥地に進む。(途中、明らかに鹿糞とは違う大き目なペースト状の糞を見かけた、これはもしかして、あれかな・・・・・)
 

 
さらに進むと、かつてここが人間が多額のお金をかけて作った林道であることが分かるガードレールがいたるところに現れる。そして、崖の補強跡。
今回の一番の難所である崩落越えが現れる。人間より大きな石がゴロゴロしてる崩落後を何とか乗り越え、先に進むと、2番目の砂防ダムが現れる。ここが、前回来たハイキングのゴール地点。
 

 

  現在地確認中

しかし、今回はまだ時間に余裕がある。先に進むのです。
 

 
この先も、いくつかの小さな崩落後を目撃しつつ、3つ目の砂防ダム周辺まで来た。この辺りまで来ると。川幅が極端に狭いところがあり、対岸の岩肌が眼前に広がり、威圧感が半端なかった。
 
  のぞき込むScout

 

4つ目の砂防ダムまで来ると、両岸の山肌がゴツゴツした岩肌になってきた。
おして、時計を見ると正午12時になるところ。ここで昼食とし、今回のゴール地点とします。ここまでの所要時間2時間45分くらい。
 
小雨が降る中での、昼食。
 
ここから来た道を戻ります。
 
なぜか、帰るとなるとスカウトたちの足取りが軽くなるのか、歩くペースが速くなる(少しは疲れているはずなのに)。
 

 

  木の下に鹿が3頭

無事に銅親水公園に戻れました。お留守番のRS隊長から、昨晩生まれたばかりのバンビ(小鹿)が、公園内にいたとのこと(足尾学習センターの職員が教えてくれたそうです)。この時期にはよくあることだそうです。
残念ながら、我々が戻ってきたときには、何とか歩けるようにって親鹿と一緒に山に戻っていったそうです。
 
ここで小休止(カップスープで栄養補給)。
 
この時、隊長は思った。(なんかスカウト達の様子が寛いでいる。もしやもう終わったかなと思っているのでは、いやいやここからは、足尾銅山の遺構を見ながら、さらに通洞駅まで歩いてもらうのだよ)
 
そしてscout達はトボトボ歩いていくのだ。
  山腹の黄色い花

サルの軍団現る(RS隊長目撃)。車のクラクションに驚き、逃げていったらしいです。
 

「古河橋」
  定番の写真

「水力発電所跡」
使われていない踏切跡を通過後、わたらせ渓谷鉄道の終着駅「間藤駅」で休憩。
隊長の目論見では、通洞駅まで来れるかなと思ったが、グダグダ歩きのためか、タイムアップで足尾駅が最終ゴールになりました。
 

 
 帰りは、4台の車がそれぞれscoutを乗せて、各々ルートで帰っていきました。
一番早かったのが、高速を利用したRS隊長でした。2番手は、元来た粕尾峠を利用したBS副長。
3番目、BS隊長。LastがVS隊長。
 
無事に閉会式。

Scout : 4名
leader : 3名 、 VS隊1名 、RS隊1名
09:56
2020/02/22

令和2年2月隊集会

| by:ボーイスカウト隊リーダ
暖冬、暖冬と叫ばれ、各地のスキー場ではオープンが遅れたり、今年の営業を断念するところも話題になっておりますが、我がBS隊でも冬プログラムで雪遊びのため、奥日光に行ってきました。

令和2年2月16日(日)


今回の活動を実施に当たり、隊長は毎日のように天気予報をチェックし、日光周辺のライブカメラを見ては、積雪情報にハラハラしておりました。
隊集会前日には、天気は曇り、気温が高めとのこと。(隊長:取りあえず行ってみるか・・・・)

道の駅どまんなか田沼集合!

隊長の車にscout2名、Leader2名乗車。東北自動車道を使って一路「奥日光湯元温泉」にある休暇村奥日光へGO。
  
到着予定時刻より30分ほど早く着いたので、ちょっと源泉を見学行ってみました。近くには「温泉寺(温泉に入れるお寺、ただし冬季休業)」があるよ。
 

 

  湧き出ているお湯に指を入れるシーン

  のぞいてます、源泉の小屋


休暇村でクロスカントリーのレンタルスキーセット(3点:スキー、ストック、ブーツ)を借り、車で移動し、戦場ヶ原の光徳牧場周辺のクロスカントリーコースにて体験。
  光徳牧場駐車場

  道具

練習コースは、牧場の敷地内。
  早速転んでます

 

  余裕のヽ(^。^)ノ

  ソロリソロリ

  


練習後は、光徳沼周辺を少し滑ってきました。
  実践

  
下って、登っている林間コース。狭くなっているところは小川が流れてます。落ちるなよ。

 

  光徳沼

 

レンタル品を返却後、昼食を中禅寺湖周辺で済ます。
  湯滝周辺

華厳の滝を上から眺め、名物の湯葉コロッケ、湯葉カツを食す。 (-ω-;)ウーン、湯葉だ。
 

華厳の滝(観光客は少なく感じました)
 

 

日光自然博物館見学(もう少し時間がとりたかったな:隊長談)
 
ビクビクしながらて手を突っ込んでます。

 
みょーに、鹿のはく製にご執心の様子。

 
日光の四季の映像が流れていたよです~・・・・隊長爆睡グー

車にて、日光霧降アリーナへ移動。
本日は、日光アイスバックスの公式戦の応援、見学。
 
対戦相手は、VS 東北フリ-ブレイズ戦

当日自由席で入場するとほぼ満席状態。立ち見で見学すること。
 

はじめてアイスホッケーの試合を生で見てみましたが、これは意外と迫力があり、スピード感はテレビ画面からは伝わらないと感じました。
  DJ

  休憩時間(リンク整備)
試合の合間の、休憩時間も、観客を飽きさせない工夫があり、屋内ならではのアミューズメント的なイベントあり楽しめた(隊長談)
  休憩時間(応援タイム)
試合結果 アイスバックス VS フリーブレイズ
      7  ー  4

 
帰りも、高速自動車道を利用して、道の駅どまんなか田沼へ

予定時刻に閉会式

Scout : 2名
Leader : 2名

11:03
2020/01/21

令和2年1月隊集会

| by:ボーイスカウト隊リーダ
あっという間に、令和2年。
今年は、年明けからBS隊は活動が目白押し。本来の隊活動は久しぶりだぁ。

令和2年1月13日(祝・月)

今月のテーマ「New Year’s play」は、唐沢山金の丸ロッヂにて正月遊びを考える企画です。しかし・・・・・
参加スカウトが1名(班長のみ)のため、予定を変更。

まずは、開会式だ。
 
取りあえず気を取り直して、正月遊びを自分たちでアレンジして遊ぶ企画。

「凧揚げ」「羽突き」は、実施済み。

今回は、「かるた遊び」ならぬトランプでLeaderを含めて、遊ぶのだ。
 
スカウトに容赦のない、リーダーたち。そしてポーカーフェイスが苦手な班長。

ホワイトボードを利用した、双六ゲーム。トランプの出目を進むが、みんなで考えた罰ゲームをクリアしてゴールを目指す。
 

 

次は、陣取りゲーム。自分の駒をトランプを使って動かし、陣地を増やしていく。相手陣地に入ったらバトル。さて勝者は??

お昼を食べたら、予定を変更して班長を2級章にするプログラム。
 
「読図」コンパスの使い方と座標の見方。「手旗」の実践。ロープワーク。三角巾の使い方。などなど。
 

 

 腰掛結び

 

 

 
閉会式。


Scout:1名
Leader:3名


20:34
2020/01/05

令和2年度 年末年始の交通整理片付け

| by:ボーイスカウト隊リーダ
準備があれば、片付けがあるのは当然。
正月の雰囲気もまだ残る唐沢山レストハウス前に集合。本日は、準備よりだいぶ少なくなってきました。こいつは、そろそろこの年末年始の交通整理の準備と片付けもできなくなってくるかも・・・・

令和2年1月4日(土)

今年の正月は、暖かい日和でしたが、本日は北風が強くなってきて、いかにも「冬」とですよと言いたげな中でのお片付け。
早く片付けて、早く帰ろうぜ。
 

 

 

看板を片付け、最後にロープをエビ結びでフィニッシュ。スカウトよ、手こずり過ぎ。
 

Scout :2名 VS隊:1名
Leader :2名 VS隊:1名 CS隊:1名 BVS隊:1名 団委員:1名

17:39
2020/01/05

令和2年 台風19号被害募金活動

| by:ボーイスカウト隊リーダ
昨年は、東日本全域に被害を及ぼした台風19号がありました。もはや、災害は当たり前のように発生してもおかしくない気候になりました。皆様も、災害時の対応、備えを怠らず(Be Prepared)

令和2年1月3日(金)

1月の活動は、団活動の募金活動からスタートだ。例年は、カブ隊が「Unicef募金」を実施していますが、同日開催でBS隊・VS隊合同実施。

唐沢山神社の神橋周辺で行いました。
 

 
参加スカウト等には、炊き出しのお雑煮が振る舞われました。

募金は、後日佐野市に寄付されます。


 

17:28
2020/01/01

令和元年12月隊集会①

| by:ボーイスカウト隊リーダ
新年を迎える準備をするため、Scout達は唐沢に集合。
今回は、伝統工芸とXmasらしい。どんな活動になるんだい。

令和元年12月15日(日)

今回も伝統工芸の「注連縄」作りのためインストラクターBVS副長を召還している。
最近では、注連縄作りで商売ができるほどになったとかならないとか・・・・

まずは唐沢山金の丸ロッヂに集合だ!
 
開会式を行うのだ(今月のCS隊と同日開催)

今月のテーマ「Traditional crafts]」
まずは、注連縄用に育ててもらった稲わら(穂が出る前の8月上旬くらいに刈り取り、陰干しで乾燥させておくらしい)を水で濡らし、干します。程よい加減で湿っているほうが、稲わらが扱いやすい。
 
  まずは、小道具づくり(藁細工にあると便利な竹ナイフ)
 
続いて、稲わらの余分な穂などを手で櫛のように空いてきれいにする(枯れているところや雑草が混ざっているため)。
 
手に握れるだけの藁を取り、根元の切り口をそろえ、根元から15㎝くらいのところを、縄でしっかり縛り藁がほどけないようにする。

それを稲わらを三等分に分け、まずは2本を左巻きないながら、ねじっていきます。
 
    手に、日本酒をつけると稲わらで皮膚を傷めにくくなる。

 
2本が、先端近くまでねじれたら、3本目を左巻きにないながら、先に巻いた稲わらの間に巻き込むようにねじるときれいにできる。言葉で説明するのは難しいが、写真よりは動画がいいんだけど・・・・ネット上にはよさそうな動画があるから参考に!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 
   走るCS隊長

お昼は、BS隊特製「お絵かきパンケーキ」
これは隊長作

   
   「令和」

 
   「唐沢山」 唐が焦げすぎたけど・・・

 
  はちみつとCS隊からのホイップなどでデコリました。

 
  CS隊のケーキ作りの様子


昼食後、隊長は2つ完成。あとはお飾りのみ
 

 

神棚用と玄関用を作成。紅白の紙垂も作ってみました。
 
紙垂をつけてみるとこれだけでもぐっと出来栄えがよくなる。


閉会式
 


Scout:2名
Leader:2名 BVS副長1名

おまけ

隊長も、神棚と玄関にしめ飾りを付けました(100均でいくつか飾り付けを購入)。普通に買ったら1000円以上するぞ。多分
 

14:43
2020/01/01

令和元年12月交通整理準備

| by:ボーイスカウト隊リーダ
令和になって最初の年末。あっという間の一年でした。「令和」と言う年号もすっかり馴染んでしまったようで、職場でも何ごとのなかったかのように使っています。
さて、令和2年を迎える準備をしなければなりません。まずは、唐沢山に集合だ!

令和元年12月31日(火)


今日は、年の暮れ言うほどには寒くない朝でしたが、すごい霧でした。
唐沢山に登っても、周辺は真っ白け。朝日が昇るにつれ、霧が晴れはじめ雲海が広がっておりました。写真マニアと、猫マニアがかなり登ってきていましたね。

 

今回の活動は、団活動なので団員、各隊Leader、BSscout、VSscout、RVscoutで唐沢山神社の初詣の準備を行います。
 
いつぞやの山城サミットのおかげで、駐車場のライン引きがなくなり、看板設置だけの作業でだいぶ楽にはなりましたが、やはり人海戦術の作業のため、人出は必要さ。

 
集合風景

 

 
活動内容は、倉庫から看板を出して、トラックに積み込みます。2台のトラックに分乗して、参拝中の登りルート上の車道各所に、「一方通行」、「対向車注意」、「Uターン禁止」などの看板を設置します。この規制は、1月1日~1月3日までの3日間のみの規制になっているのです。

  サボっているわけではないようです
定刻となり、無事に設置完了。

次回は、1月3日募金活動。1月4日看板撤去。1月13日BS隊集会。
参加よろしくお願いいたします。
 

Scout:4名(内1名は受験生)、VS隊 1名 、RV隊 1名
Leader:3名 、BVS隊 1名 、VS隊 2名 、RV隊1名 団委員2名

14:21
2019/12/11

令和元年11月隊集会

| by:ボーイスカウト隊リーダ
いつの間にか、秋も終わりを告げるような季節がやって来ました。北国ではすでに大雪の便りも聞こえてきました。

ボーイ隊も今年最後のキャンプの予定でしたが、参加スカウトが少なく土曜日のみの活動になりました(残念:隊長談)

令和元年11月23日 (土)

唐沢山金のあるロッヂに集合だ。なんと、カブ隊がすでに活動中でしたので、端っこで静かに(?)活動します。

まずは、開会式。
 

続いて、本日のスペシャルゲストであるVBS副長が講師として、スカウトハットのためのハットホルダー作りを指導してもらいます。
 

まずは、買い出し。ホームセンターに材料を買いに行きます。
 
白木のベニヤを購入。開閉式のハットホルダーを検討のため、蝶番とナットを購入・・・・さてどうなることやら。


ロッヂに戻り、まずは画用紙で型紙をつくり、それをもとにベニヤに鉛筆で書き写します。
 

 
この型紙おこしが重要ですが、時間をかけすぎると、完成しないぞ。指導者が作ったハットホルダーを参考にしよう。
 

 

Leader達も一緒に作ります。
 

型紙をベニヤに写し取ったら、のこぎりで外枠を切り取ります。湾曲になっているところは糸鋸で切ります。今回、ワイヤの鋸で切りました。
 

裏板部分を四角に切る。
 

 

続いて表面のハットの頭部分をくりぬいたU字型の板を外枠から切り、内側はワイヤー鋸で少しずつ内側に侵食するように切っていきました。多少凸凹するのが愛嬌と言うか、手作り感があふれていていいのだ。切り落とした部分は、ヤスリで磨きましょう。
 

 
裏板と表板の間の仕切り板の部分(完成期はU字型になりますが、この時点では内側の大きさがハットが収まるサイズになっていればOK)は、内側と外側の幅が約2㎝~3cm幅くらいにU字に切ります。このU字にの中にハット全体が収まるように切るのがコツ。
 
裏板にU字を木工用ボンドで貼り付けしばらく待ちます。
 

 
続いて、蝶番を可動部にボルトで取り付けます。

お弁当タイム(1人を除いて、コンビニですね)

食べたらさっそく、作業は続きます。
表板も蝶番で取り付ける。

3枚の板が重なった部分が微妙にでも凹になるので、そこをのこぎりで重ねた状態で切ると、きれいな断面になります。そこを紙やすり等できれいにします。
 
隊長は、ここまででタイムアップ。

 

 
スカウト達は、木工用ボンドで貼るまでが精いっぱいのようでした。あとは、自宅で続きをやってもらいたいなあ・・・・来月も少しやってもいいかな。



すでに時間は、午後7時を回っていた。片付け後、今年度の活動のメイン、動物にかかわる活動として、夜間の唐沢山夜間ハイクを実施します。
 

ロッヂを出発し、松風の道を進み、電波塔まで往復約1時間ほど。
 

途中、虫の音しか聞こえませんでした。
 
あと、東京農大の唐沢に関する立て看板を見つけたのでそれを読んで学習。


ロッヂに戻り、連盟歌等のスカウトソングの練習。なんとか、連盟歌は歌えるようになってきたかな・・・・

閉会式


Scout : 2名
Leader : 3名  、VBS 1名


おまけ

隊長は自宅にてハットホルダーを完成させました。
 

  


20:30
2019/11/06

令和元年10月隊集会

| by:ボーイスカウト隊リーダ
今年は、台風の当たり年、各地に災害をもたらし、週末には雨雨雨・・・

でも、Scout活動は立ち止まらない。少年少女の活動は、いついかなる時も継続し続けなければならない。スカウトのために!

令和元年10月27日(日)

今月のテーマは、「MARINE BIOLOGICAL」だぞ。
スカウト達よ、海洋学の一端を見つめ、心に刻め。

まずは、集合だ。
佐野駅北口。目的地は、茨城県大洗町。公共交通機関をフル活用して現地までたどり着いてほしい。

今回は、当初予定していたルートが、台風19号の影響で電車が不通になったため、迂回ルートで現地まで向かうことになった。片道3時間半以上の電車旅。

参加scoutは3名のはずだったが、ひとり御寝坊で、2人でのスタート。

佐野駅から、東武線で館林乗換で、久喜駅へ。そこからJR宇都宮線で、小山駅。水戸線に乗換て1時間ほどで、水戸駅着。そこからは、鹿島臨海鉄道で大洗駅まで乗換えさ!!

隊長他、副長と寝坊の班長は、車で小山駅に先回りして、先発のScout達と無事合流。
ここからは、3人協力して目的地を巡るのだよ。
  小山駅、水戸線ホームで合流

  
大洗駅に先着した、隊長たちはひたすらscout達の到着を待だけのみ。(隊長:不安だけがのしかかって来るぜ)

鹿島臨海鉄道も災害の影響で、臨時の時刻表。予定時刻より10分ほど遅れてScout到着。
 

  
3人の右上に怪しいゆるキャラ。
  地図を見る新入隊員。班長より頼もしいぞ。
ここからは、地図を頼りに海洋生物についての調べるのだ。
  駅前出発

  写真中央が海(灰色の荒波状態)

  

 
まずは、大洗磯前神社を目指し、「大洗海洋博物館」を見学。
  
大洗磯前神社を参拝後、次なる目的地、「アクアワールド茨城県大洗水族館」を海岸沿いに歩くのだ。本日は、海が荒れており、砂浜には下りられなかった。
 

 
Scout達は、途中で昼食のお弁当を食べ、何とか予定時刻までには水族館に到着。
 

   荒波と鳥居を見つめる3人

 
速やかに入館し、本日の目玉、水族館のバックヤード見学の抽選にチャレンジだ。
 

募集締め切り、定員より10名ほど多かったため、くじの抽選。
 
ドキドキの時間。残り二組と言うところで、無事に抽選に当たりました。
 
バックヤード見学は、写真等の録画は禁止のため、記録はありません。約30分ほどの時間でしたが、サメやマンボウの水槽を中心に見学できました。
 
その後は、この水族館の最大のイベント「イルカのショー」です。水槽に近い見学席だと、イルカの水跳ねでびしょ濡れになる危険が大のイベントだ。
 
隊長は、Scout達に帰りの時間を伝え、帰りの電車等の確認のため水族館を出た。

副長と合流し、帰る手段を再確認。
当初の那珂湊駅まで歩き、電車の乗り継ぐ方法のほかに、水族館発JR水戸駅行の路線バスがあり、水戸駅から予定の電車に乗る、二つのパターンをScout達に選択させることにした。バスを利用の場合渋滞等でバスが遅れると、予定の電車に乗れないことがあるのだ。

ショーが終わり、Scout達が出てきたので、帰宅方法を確認すると、もう歩きたくないのでバスで行くとあっさり決断した。
 
バスが到着し、Scout達は、さっさと乗って行ったが、路線バスの乗り方を知っているのか一抹の不安が。
  
隊長は、バス路線と違う最短ルートで水戸駅へ。

水戸駅北口で待つこと20分少々。バスは遅刻通り到着したが、やはり運賃の精算で手こずる。何とか支払いを済ませると、時間がないため副長が改札口までscoutを引率。そこでさよなら。あとは、佐野駅に先回りして、隊長たちはひたすら無事にscoutが到着するの待つだけ。(あーしんど:隊長)

佐野駅到着。すでに薄暗い。Scout達が乗ってくる電車の到着時刻は、午後6時49分。それまでの時間がちょう―長い。

定刻通り、scout到着。
 

 
閉会式。

Scout :3名
Leader :2名


おまけ

小山駅で合流を待つ、班長
 
21:19
2019/10/05

令和元年9月隊集会

| by:ボーイスカウト隊リーダ
1年最初の活動が始まります。
今年の年間テーマは「Animal welfare」だそうです。

令和元年9月15日(土)

今月のテーマは「Discovery of life forms」です。
今月は、新班体制ですので、基本のキャンプです。

まずは集合。
  家型テントをたててます。誰が今晩泊まるかな?

  
そしてテント設営。
 

夕食の準備。
カレーライスです。いつものことながら、カレースープにならないように願います(談:隊長)
   

  

   

  
ロッヂにて、「スカウト進級手帳」の活用の説明。

ゲーム
  
歌集、スカウトソングの練習。

反省会、就寝


令和元年9月16日(日)

昨夜は雨に降られ、テントはフライはびっしょり。コリャテントはたためないな・・・
本日は、佐野第4団のスカウトの日活動日です。秋山川河川敷からのゴミ拾いプロジェクトを行います。定刻に間に合うように、唐沢を出なければなりません。
よって、今日の朝食はお手軽料理。
ホットドッグバンズ、ハンバーグ、レタス、チーズ、スープです。
  

片付け後、朝礼。

唐沢山出発。
秋山川河川敷(堀米橋付近)待機中。
  

ここからは、団活動の記録も含めて、追加で報告。
Scoutは、2グループに分かれて、別ルートでゴミ収集。

  

 

 
厚生病院前通過
  
佐野高校北側
  
朝日森天満宮

  

  スタートライン
天神大橋
  歩測中

 
ゴミの量
  計測中
閉会式
 

Scout : 3名
Leader : 4名
16:46
12345